GIヤングダービー ボートレース徳山
パンフレットPDF 電話投票キャンペーン ネット投票 ニッカン直前予想 出走表PDF RACELIVE プレミアムGI第8回ヤングダービーとは?
GIヤングダービー ボートレース徳山
ネット投票 レースライブ

BOATBoy黒須田編集長の展望・回顧

総 展 望

レース展望

 9月21日~26日、ボートレース徳山でプレミアムG1ヤングダービーを開催!若武者の祭典として、例年ハツラツとしたバトルでファンを熱くしている一戦が、ついに徳山にやって来た。この地でニュースターが誕生するのを、しかと見届けよう。

 主力を形成するのは、やはりドリーム勢ということになるだろう。1号艇は上田龍星。昨年のびわこ大会では優勝戦1号艇をゲットしながら、1マークでやや流れて3着敗退。びわこの仇を徳山で討つべく、初戦から気合の入るところだろう。2号艇は同じく大阪支部の上條暢嵩。今節はG1レースを制した選手は数少なく、そのうちの一人である上條は格上の存在と言っていい。大阪勢はドリーム組以外にも小池修平井上一輝とタレントがそろっており、彼らがシリーズを牽引していく可能性は高い。3号艇、4号艇には福岡勢が入っており、羽野直也仲谷颯仁。すでにSG経験も豊富な二人は、ここでは明らかに実績上位。貫禄を見せる一節となるか。5号艇は豊田健士郎、6号艇は野中一平と、外枠は東海勢。豊田は一昨年の三国大会で準Vの実績があり、野中は近況絶好調。こう見ると、ドリーム戦から白熱することは間違いないさそうだ。

 ドリーム戦出場選手以外にも多士済々。一昨年の覇者である永井彪也は、2度目の当大会制覇をもくろむ。今年5月の平和島周年を制した栗城匠も、当大会初出場ながら有力候補の一人。一昨年の最優秀新人を受賞した宮之原輝紀も桐生周年優出からの転戦と好調。東京支部勢もなかなかの陣容だ。

 最優秀新人といえば、昨年の受賞者である前田篤哉。彼を擁する愛知勢も層が厚い。一昨年の三国大会で予選トップ通過を果たした吉田裕平と、その兄・吉田凌太朗が兄弟参戦。前田の弟の前田滉も出場と、愛知支部からは2組の兄弟ヤングが顔をそろえる。黒野元基中村泰平もヤング世代では常に上位の存在で、昨年の磯部誠に続いて愛知支部から優勝者を出すべく闘志を燃やす。

 女子選手も8名が参戦。18年浜名湖大会で優出した大山千広を筆頭に、今年のレディースチャンピオンで優出した高田ひかる西橋奈未も登場。特に高田は強烈な伸びが男子強豪相手にも通用するのか、大いに注目される。登番最上位の渡邉優美は前節で男女混合戦を優勝しており、勢いをつけてこの大会に臨む。

 地元からは1名のみの参戦と少々寂しいが、それだけに佐々木完太は地元の期待を一身に背負って魂を燃やすはず。F2本持ちだが来期適用勝率は現時点で7点オーバーと、この大会初出場ながら地力はまったく見劣りしない。気合の走りで徳山水面を最大限に盛り上げてもらいたい。頑張れ!

21TUE  回 顧 Day1

更新までしばらくお待ちください。

22WED  回 顧 Day2

更新までしばらくお待ちください。

23THU  回 顧 Day3

更新までしばらくお待ちください。

24FRI  回 顧 Day4

更新までしばらくお待ちください。

25SAT  回 顧 Day5

更新までしばらくお待ちください。

26SUN  回 顧 Day6

更新までしばらくお待ちください。