• ボートレースロゴ
  • メインロゴ
  • ボートレースロゴ
  • メインロゴ
  • ボートレースロゴ
  • メインロゴ

レース展望

レース展望

レース展望

 ボートレース多摩川の開設67周年記念「G1ウェイキーカップ」が9月27日から開催される。秋深まる是政にトップレーサーが集結。日本一の静水面でハイレベルなバトルを繰り広げる。

 地元の東京支部からは濱野谷憲吾村田修次齊藤仁中野次郎長田頼宗後藤翔之今泉友吾の7人が参戦。充実布陣で遠征勢を迎え撃つ。東京支部勢の多摩川周年優勝は15年の中野次郎が最後。7大会ぶりの奪還へ期待が高まる。
 地元のエースを担うのはもちろん濱野谷憲吾だ。7月の芦屋SGオーシャンカップで優勝。約14年4カ月ぶりとなる5回目のSG制覇で全国のファンを歓喜させた。その後も8月の蒲郡SGボートレースメモリアルで優出4着に入るなど好調をキープ。良い流れで多摩川周年を迎えられそうだ。多摩川では99年に周年記念とダイヤモンドカップで当地G1連続Vを飾ったことがあるが、多摩川での記念制覇はこれが最後。当地記念12優出2Vという成績だ。今回は約22年ぶりの多摩川G1優勝を狙うことになる。濱野谷は今年に入って多摩川を3節走っているが、1月の正月レースで優出3着、2月の関東地区選で優出3着、8月のお盆レースで優出2着としっかり結果を残している。ウェイキーカップ制覇へ期待は高まるばかりだ。
 後藤翔之も見逃せない。18年の多摩川周年で予選トップ通過する活躍を見せて優出5着。今年2月の多摩川G1関東地区選でも予選4位通過で優出5着に入っており、当地G1は2節連続優出中だ。後藤はすでにG1・G2で6回の優出実績を重ねてきたが、まだ記念タイトルを取れていない。ここでG1初Vを狙いたいところだ。
 そのほかにも07年多摩川周年覇者の村田修次や、多摩川記念6優出の実績がある齊藤仁、07年関東地区選と15年多摩川周年を制して当地G1優勝2回の中野次郎、1月の多摩川正月レースで優勝するなど今年12優出6Vと近況好調な長田頼宗、6月の当地一般戦で多摩川初Vを飾ったばかりの今泉友吾と、地元勢は多彩なメンバーがそろっている。V争いをにぎわして地元ファンの目を釘付けにしたい。

 遠征勢ではまずこの2人に注目だ。多摩川周年は昨年に年度またぎで2回開催され、2月の開設65周年は菊地孝平(静岡)、4月の開設66周年は毒島誠(群馬)が優勝。今回の開設67周年にはこの2人のチャンピオンがそろって登場する。
 菊地は09年にも多摩川周年で優勝しており当地G1優勝2回。持ち前のスタート力を武器に何度も是政を沸かせてきた。今回も静水面を切り裂く速攻を連発するのか。
 毒島は多摩川G1で4節連続優出中。15年多摩川周年で優出6着、17年多摩川周年で優出6着、昨年2月の多摩川周年で優出2着、昨年4月の多摩川周年で優勝という抜群の強さだ。今回はタイトル防衛を目指しての参戦。71・72年の田中佐次郎以来となる史上2人目の多摩川周年2連覇を狙う。
 篠崎元志(福岡)と篠崎仁志(福岡)も楽しみな存在。元志は13年、仁志は16年の多摩川周年覇者だ。元志は昨年4月の多摩川周年でも予選2位通過で優出4着に入るなど当地好相性。仁志は8月に児島戦と芦屋戦で連続Vを飾るなど近況好リズムだ。兄弟2人でV争いを演じる可能性も十分だろう。
 そのほかでは今年2月に多摩川で行われた関東地区選で優勝した桐生順平(埼玉)や、8月の蒲郡ボートレースメモリアルで約11年9カ月ぶりのSG制覇を果たした原田幸哉(長崎)、09年ボートレースクラシックで多摩川SGを制した実績を持つ池田浩二(愛知)、17年多摩川周年覇者の三井所尊春(佐賀)、3月のSGボートレースクラシック覇者の石野貴之(大阪)、6月のSGグランドチャンピオン覇者の前本泰和(広島)らに注目したいところだ。

(データはすべて9月5日現在。カッコ内の表記は支部)