レース総展望

決め手ある上野真之介と椎名豊がシリーズの柱! 中嶋健一郎ら地元三重勢も充実

上野真之介の今年ルーキーシリーズ参戦は平和島、大村に続いて3回目。過去の2戦は準優でスタートやや立ち遅れ敗退したが、コーナーさばきは光った。佐賀で同県同期の山田康二と切磋琢磨し腕を上げており、師匠である峰竜太の好アドバスが心強い。出足と回り足重視に仕上げる整備力も今節では上位。前走地・びわ湖MB大賞ではオール3連対の活躍で優勝戦2着だった。 椎名豊は3月福岡から4月大村にかけてルーキーシリーズ3連続Vがあり、勝負強さが光っている。スタートが速く、コース不問の素早い立ち回りが魅力。地元イチオシは中嶋健一郎、まくり差しに磨きを かけて地力アップに成功。西川昌希はコース取りから強気で気合駆け目立つ。津ではV3の松尾拓も侮れない。 遠征組では高野哲史が握って回れる1、3枠で特に強い。安河内将はG1、G2で出番増え、認知度急上昇。菅章哉や村松修二が狭い所でも器用に切り込んでくる。三浦敬太は今年のルーキーシリーズで優出2着が2回。